【テクニカル分析】初心者必見!FXのライントレードの基礎を覚えて勝つ!

今回はFXのテクニカル分析の中でも最もシンプルでかつ最も有効な「ライントレード」について解説していきます!

ライントレードにはいくつかの種類があり、多くのトレーダーが主に分析に用いているのが「水平線」「トレンドライン」「チャネルライン」の3種類です。

それぞれのラインによって引き方やラインを引く目的が異なるため、一つ一つ詳しく解説します!

この「ライントレード」をマスターするだけでもテクニカル分析としては十分な効力を発揮するので最後までぜひ読んでください!

(基礎)ライントレードとは

ライントレードとはその名の通りさまざまなラインを用いて値動きを分析する手法のことを言います。

ラインを引くことにより多くの相場参加者が意識しているレートトレンドを知ることができるようになります。

このライントレードは初心者が最優先で覚えるべきテクニカル分析であり、誰でもすぐに基礎をマスターすることができます。

当サイトではライントレードをはじめとするテクニカル分析を用いた相場分析を投稿しているのでぜひチェックしてみてください!

相場分析はこちらから→相場考察

また相場分析はリスクリワードを重視したスタイルなので、そこを理解したうえでお読みください。
リスクリワードなど用語の説明なども下記記事にて行なっております。

水平線

水平線とは?

まずはライントレードの中でも最も王道であると言える「水平線」についての解説です。

水平線はその名の通り、チャートに水平のラインを引いて分析をする手法です。

水平線は特にテクニカル分析の基本とも言え、ほとんどのFXトレーダーがこの水平線を用いて売買をしています。

多くのFXトレーダーが意識しているということは、それだけ効力を発揮しやすいというのも事実です。

水平線の引き方やコツ

水平線を引くときに意識するべきポイントは以下の通りです。

①複数回反発しているレートに水平線を引く
②重要な高値、安値にラインを引く
③線を多く引きすぎない

①複数回反発しているレートに水平線を引く

複数回反発しているレートはそれだけ多くの相場参加者に意識されているレートということであり、再度そのレートの付近になったときに何らかの値動きが起こりやすくなります。

上記画像のオレンジの水平線では、複数回反発が起こっているレートに該当します。

 

②重要な高値や安値に水平線を引く

トレンドの起点になるような高値や安値、またトレンド転換が起こるような押し安値や戻り高値には水平線を引くようにしましょう。

上記画像の緑の水平線上の赤いマークの安値は、トレンドの押し安値に該当します。

 

③線を多く引きすぎない

水平線を多く引きすぎてしまうとチャート上がラインだけでゴチャゴチャになってしまい、ロウソク足の動きがよく見えなくなってしまいます。

また、どのレートが本当に意識されやすいのかも分かりづらくなってしまうので、水平線は重要なレートにのみ引くようにしましょう。

ライントレードについての質問ががある方は無料コミュニティで是非お聞きください。

無料コミュニティについて✅

完全無料コミュニティのFXオンラインサロンとは? このサロンは、投資初心者~中級者を対象にFXに関して学ぶ場所です! コミュニティ内では、常にトレード大会を行ったり、為替、商品、指数、仮想通貨の相場についてほぼ毎日議論しており、オフ[…]

 

トレンドライン

トレンドラインとは?

トレンドラインとは上昇トレンドや下降トレンドが発生しているときにそのトレンドを分析するために引く斜めのラインのことを言います。

この、トレンドラインもまた、とても多くのFXトレーダーがテクニカル分析をする際に用いています。

トレンドラインを使うと、トレンド内でどの地点で値動きが反発するのかを分析することができます。

トレンドラインの引き方やコツ

水平線を引くときに意識するべきポイントは以下の通りです。

①複数回反発している斜めのライン上にトレンドラインを引く
②トレンドラインがサポート、レジスタンスの役割になることを意識する
③トレンド転換を知る

①複数回反発している斜めのライン上にトレンドラインを引く

まずは上昇トレンドや下降トレンドの中で複数反発している斜めにライン上にトレンドラインを引いてみましょう。

②トレンドラインがサポート、レジスタンスの役割になることを意識する

トレンドラインは上昇トレンドや下降トレンドが発生したときにそのトレンドのサポートやレジスタンスの要素になる可能性があります。

そのため、複数回反発しているライン上ではその後も再度反発する可能性があり、押し目買いや戻り売りの戦略を立てることができます。

③トレンド転換を知る

上記画像の赤マークのように上昇トレンドラインをロウソク足が下抜けた場合はトレンドラインのサポートとしての要素が弱くなっているということになり、トレンド転換が起こりやすくなります。

また、反対に下降トレンドラインの場合もロウソク足がラインを上抜けた場合はレジスタンスとして機能しなくなります。

無料コミュニティについて✅

完全無料コミュニティのFXオンラインサロンとは? このサロンは、投資初心者~中級者を対象にFXに関して学ぶ場所です! コミュニティ内では、常にトレード大会を行ったり、為替、商品、指数、仮想通貨の相場についてほぼ毎日議論しており、オフ[…]

 

平行チャネル

平行チャネルとは?

平行チャネルはトレンドラインと似た性質をもちますが、トレンドラインに加えてそれと平行なチャネルラインを引くことにより、2本の平行線でトレンドを分析することができます。

そのため、トレンドラインよりも精度の高いテクニカル分析をすることが可能になり、水平線と同様にとても多くのFXトレーダーがテクニカル分析に平行チャネルを用いています。

平行チャネルの引き方やコツ

平行チャネルを引くときに意識するべきポイントは以下の通りです。

水平線を引くときに意識するべきポイントは以下の通りです。

①トレンドラインを見つける
②トレンドラインと平行なチャネルラインを見つける
③平行チャネルがサポート、レジスタンスの役割になることを意識する
④トレンド転換を知る

①トレンドラインを見つける

平行チャネルはトレンドラインを発展させた分析なので、まずはトレンドラインを見つけるところから始めます。

トレンドラインの見つけ方は先ほども紹介したので割愛いたします。

②トレンドラインと平行なチャネルラインを見つける

次に、トレンドラインに加えてチャネルラインを引きます。

チャネルラインはトレンドラインと平行で、かつ複数回反発しているライン上に引きます。

上記画像ではチャネルラインが4回レジスタンスとして機能して反発しているため、多くの相場参加者が意識しているチャネルラインと言えます。

③平行チャネルがサポート、レジスタンスの役割になることを意識する

平行チャネルでは上下の2本のラインがサポート、レジスタンスとして機能するため、チャネルに囲まれた範囲内で価格が推移しやすくなります。

平行チャネルの下弦では再度買いの注文が入り、価格が上に反発しやすく、上弦では売りの注文が入り、価格が下に反発しやすくなります。

④トレンド転換を知る

トレンドラインと同様に、上昇トレンドの平行チャネルをロウソク足が下抜けた場合はトレンドラインのサポートとしての要素が弱くなっているということになり、トレンド転換が起こりやすくなります。

また、反対に下降トレンドの平行チャネルの場合もロウソク足がラインを上抜けた場合はレジスタンスとして機能しなくなります。

無料コミュニティについて✅

完全無料コミュニティのFXオンラインサロンとは? このサロンは、投資初心者~中級者を対象にFXに関して学ぶ場所です! コミュニティ内では、常にトレード大会を行ったり、為替、商品、指数、仮想通貨の相場についてほぼ毎日議論しており、オフ[…]

 

(実践編)ライントレードを実際のトレードに生かすには

ここまでは3種類のラインの引き方を紹介してきましたが、基礎がわかっていてもどのように実際のトレードに生かすのかがわからなければ意味がありません!

そこで、ここではライントレードを用いた実際のテクニカル分析を紹介していきます。

ロールリバーサル(=レジサポ転換)を用いたトレード戦略

ここまで紹介した「水平線」「トレンドライン」「チャネルライン」の3種類のラインはレジスタンス、サポートとして機能しやすいですが、実際の値動きではそれと加えてロールリバーサル(=レジサポ転換)が起こります。

ロールリバーサルに関しては別記事で詳しく解説しているのでぜひチェックしてみてください!

ロールリバーサルについての質問がある方は無料コミュニティで是非お聞きください。

無料コミュニティについて✅

完全無料コミュニティのFXオンラインサロンとは? このサロンは、投資初心者~中級者を対象にFXに関して学ぶ場所です! コミュニティ内では、常にトレード大会を行ったり、為替、商品、指数、仮想通貨の相場についてほぼ毎日議論しており、オフ[…]

平行チャネルと水平線を組み合わせたトレード戦略

平行チャネルと水平線は別々に使うのではなく、それぞれを組み合わせることによってテクニカル分析として大きな効力を発揮します。

特に、水平線で反発する箇所が平行チャネル上でも反発する箇所でもある、といったように二重の根拠になるような箇所でのトレードは優位性が高いと言えます。

より上位足のラインほど意識されやすい

上の画像はポンド円の4時間足のチャートです。

このチャートにおいては青のラインにサポートされトレンドが発生していますが、赤い丸で囲った高値を起点に下降トレンドに転換しました。

実はこの部分を一つ上の時間足である日足で見てみると、

↓↓↓

赤い丸で囲った部分は上昇チャネルの上弦にタッチして反発しています。

このように、下位足において機能しているラインよりも上位足のラインの方が多くのトレーダーが意識するため効力を発揮しやすくなります。

基本的には「上位足の分析>下位足の分析」ということを覚えておきましょう。

たくさんラインを引いて訓練する

水平線や平行チャネルを使ったテクニカル分析を上達させるためにはとにかくたくさんライントレードを経験していくうちに、「どのようなパターンでラインが効きやすいか」を知る必要があります。

たくさん値動きを見ていくうちに本当に重要な水平線はどれか、何度も反発しやすい平行チャネルやトレンドラインはどこかが分かってくるのでたくさん実践してみましょう。

当サイトではライントレードをはじめとするテクニカル分析を用いた相場分析を投稿しているのでぜひチェックしてみてください!

相場分析はこちらから→相場考察

今回の記事について疑問点がある方は無料コミュニティでお聞きください。

無料コミュニティについて✅

完全無料コミュニティのFXオンラインサロンとは? このサロンは、投資初心者~中級者を対象にFXに関して学ぶ場所です! コミュニティ内では、常にトレード大会を行ったり、為替、商品、指数、仮想通貨の相場についてほぼ毎日議論しており、オフ[…]