tradeview(トレードビュー)の評判は?スプレッドから入金・出金方法など紹介

  • 2021年10月28日
  • 2021年11月24日
  • 取引所

tradeview(トレードビュー)は実質手数料が安価な海外FX業者です。
この記事では、tradeview(トレードビュー)の評判や特徴はもちろんのこと、スプレッド、レバレッジ情報から、入金・出金方法、MT4ログイン方法までわかりやすく解説しています。

tradeview(トレードビュー)の口座開設はこちら

tradeview(トレードビュー)はどんな業者?

tradeview(トレードビュー)の運営会社&ライセンスについて

tradeview(トレードビュー)はTradeview Ltdによって運営されている、2004年に設立された老舗の海外FX業者です。

本社はケイマン諸島に位置しており、ケイマン諸島金融庁(CIMA)から金融ライセンス(登録番号:585163)を取得しています。

CIMAの金融ライセンスの信頼性は世界トップクラスであるとされ、CIMAの金融ライセンスを有しているtradeview(トレードビュー)は、十分に安全性が保障されている海外FX業者であると言えます。

顧客資金を分別管理+信託保全

tradeview(トレードビュー)は、分別管理に加え、信託保全という方式で顧客の資産を管理しています。

分別管理とは、会社運営資金と顧客資金を別々の銀行口座に分けて管理する方法です。

信託保全とは、第三者の監査機関が介入した上で会社運営資金と顧客資金を別々の銀行口座に分けて管理する方法です。

分別管理と信託保全があるので、tradeview(トレードビュー)は顧客資金を守るのを徹底していることが分かります。そのため、万が一tradeview(トレードビュー)が倒産した場合でも、顧客は安心して資金を出金できます。

tradeview(トレードビュー)の口座開設はこちら

過去に金融庁から警告は受けた?

tradeview(トレードビュー)は過去に日本の金融庁から無登録業者として警告を受けたことがあります。

しかし、海外FX業者の多くは金融庁から警告を受けたことがあるので、tradeview(トレードビュー)が特段問題を抱えているという訳ではありません。

tradeview(トレードビュー)の評判は?

tradeview(トレードビュー)の良い評判から良くない評判まで、まとめてみました。

tradeview(トレードビュー)の良い評判

スキャルピング・両建て

tradeview(トレードビュー)では特別な取引制限がなく、自由にスキャルピング取引が可能です。

他の海外FX業者では取引に関する制限があることは珍しくないため、スキャルピング取引をしたい方でも、tradeview(トレードビュー)では安心して利用できます。

両建て取引に関しても、tradeview(トレードビュー)では制限されていません。両建てが可能な他の海外FX業者もありますが、ほとんどの場合は同一口座の両建てに限定しています。

しかし、tradeview(トレードビュー)は、複数口座間の両建て取引を認めている数少ないFX業者です。

実際にtradeview(トレードビュー)の両建て制限がないのを活用して、取引している人もいます。両建て取引をしたいトレーダーにとって、tradeview(トレードビュー)は最適な海外FX業者と言えます。

取引プラットフォームが充実

tradeview(トレードビュー)では、MT4/MT5に加え、cTraderという新規プラットフォームが利用可能となっています。そのため、取引プラットフォームにこだわりがある人にでも、tradeview(トレードビュー)は利用しやすいと言えます。

cTraderに関しては、「MT4を超えている」という評判もあります。cTraderの性能を試してみたい方は、ぜひtradeview(トレードビュー)のcTrader口座を開設してみましょう。

法人口座を開設可能

tradeview(トレードビュー)では、法人口座を作ることが可能です。会社をもっている人は法人口座を開設することで節税することができます。

法人口座を開設できる海外FX業者は数少ないので、法人口座に興味があればtradeview(トレードビュー)で口座開設することをおすすめします。

tradeview(トレードビュー)の口座開設はこちら

tradeview(トレードビュー)の良くない評判

ロスカット水準が高め

他の海外FX業者はロスカット水準を0~50%としているところが多いですが、tradeview(トレードビュー)のロスカット水準は100%に設定されているので、ロスカット水準が高めであると言えます。

そのため、他の海外FX業者に慣れている人にとっては利用しにくく感じることが予想されます。しかし、ロスカット水準が高めであれば証拠金の損失を限定することができるので、リスクオフの観点で言えばデメリットとは言いにくいでしょう。

公式サイトの情報量が少ない

tradeview(トレードビュー)の公式サイトに掲載されている情報量はかなり少ないです。そのため、自分の知りたい情報を探してもなかなか見つからないこともあります。

しかし、日本語サポートは充実しているので、何か困ったことや疑問があればサポートに問い合わせることが可能です。

tradeview(トレードビュー)の日本語サポートの回答は迅速かつ丁寧であると評判になっています。

ボーナス・キャンペーンなし

tradeview(トレードビュー)には、「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」といったボーナス・キャンペーンが開催されていません。

海外FXで開催されている口座開設や入金などのボーナス・キャンペーンは海外FXならではの魅力の一つと言えます。

しかし、tradeview(トレードビュー)はボーナス・キャンペーンを開催しない分、トレード環境の整備に注力しています。充実したプラットフォームや安価な取引手数料の提供などといった形で、tradeview(トレードビュー)はトレーダーに還元しています。

そのため、tradeview(トレードビュー)にボーナス・キャンペーンがないことは特段デメリットと言えないでしょう。

tradeview(トレードビュー)の口座タイプを紹介。取引手数料はかかる?

tradeview(トレードビュー)には基本的に3つの口座タイプがあります。

X leverage(スタンダード口座) ILC cTrader
最大レバレッジ 500倍 200倍 400倍
取引手数料 無料 片道2.5ドル
ロット単位 10万通貨
最小ロット 0.01lot 0.1lot
最低入金額 1万円 10万円
取引プラットフォーム MT4/MT5 MT4/MT5 cTrader

tradeview(トレードビュー)の3つの口座タイプの主な違いは、「最大レバレッジ」「取引手数料」「最低入金額」「取引プラットフォーム」です。

tradeview(トレードビュー)のILC・cTrader口座には取引手数料(1lotあたりの片道2.5ドル)がかかりますが、X leverage口座よりスプレッドが狭くなっています。
そのため、実質的な手数料(取引手数料+スプレッド)は時間帯や銘柄によっては、X leverage口座より安くなります。

ILC・cTrader口座の取引手数料は他の海外FX業者の似た口座タイプの取引手数料と比較するとかなり安価なので、tradeview(トレードビュー)で口座開設する際はILC・cTrader口座がおすすめです。

また、tradeview(トレードビュー)のcTrader口座は、cTraderという珍しいプラットフォームが利用可能です。cTraderを採用している海外FX業者は現状、かなり限られています。

 

cTraderの主な特徴として、「板情報」「完全同時決済」の2つの機能がついています。そのため、cTraderの性能は「MT4にも劣らないほど高機能」という意見もあります。

tradeview(トレードビュー)のスプレッド・レバレッジ・スワップ情報

tradeview(トレードビュー)のスプレッド・レバレッジ・スワップ情報について解説します。

tradeview(トレードビュー)の口座開設はこちら

口座タイプごとのスプレッド

tradeview(トレードビュー)のスプレッドを口座タイプごとに、表にまとめてみました。

X leverage口座 ILC・cTrader口座
主要通貨 USD/JPY 1.8pips 0.3pips
EUR/USD 1.7pips 0.2pips
EUR/JPY 1.9pips 0.4pips
GBP/USD 2.0pips 0.5pips
貴金属 XAU/USD 3.8pips 1.2pips

tradeview(トレードビュー)のILC・cTrader口座は取引手数料(1lotあたりの片道2.5ドル)がかかる分、X leverage口座よりスプレッドが狭くなっています。
そのため、ILC・cTrader口座の実質的な手数料は時間帯や銘柄によっては、X leverage口座より抑えることが可能です。

手数料など常に細かいこと考えたくない人はX leverage口座でも十分なスペックを発揮してくれるので、X leverage口座を選択するのも良いでしょう。

他社とのスプレッド比較

tradeview(トレードビュー)のスプレッドについて、他の海外FX業者と比較した表も作成しました。

海外FX業者 tradeview(X leverage) XM FXGT GEMFOREX
USD/JPY 1.8pips 1.6pips 1.6pips 1.6pips
EUR/USD 1.7pips 1.7pips 1.6pips 1.6pips
EUR/JPY 1.9pips 2.3pips 1.8pips 2.2pips
GBP/USD 2.0pips 2.3pips 2.2pips 1.7pips

全体的に見ると、tradeview(トレードビュー)のスプレッドは平均~やや狭いということが分かります。tradeview(トレードビュー)のスプレッドは、海外FX業者の中では全く悪くなく、使いやすい海外FX業者であると言えます。

また、今回はtradeview(トレードビュー)のILC・cTrader口座と似た、他の海外FX業者の口座タイプとの比較した表も作成しました。

海外FX業者 tradeview(ILC・cTrader)片道2.5ドル AXIORY(ナノ・テラ)片道3ドル
USD/JPY 0.3pips 0.4pips
EUR/USD 0.2pips 0.2pips
EUR/JPY 0.4pips 0.5pips
GBP/USD 0.5pips 0.9pips

tradeview(トレードビュー)のILC・cTrader口座の方が、若干スプレッドが狭いうえに取引手数料が抑えられています。中~上級者の方には、tradeview(トレードビュー)のILC・cTrader口座がおすすめです。

レバレッジ

tradeview(トレードビュー)の最大レバレッジ倍率は、口座ごとに異なりますが、500倍となっています。
レバレッジが500倍もあれば、十分に少ない元手でも大きな利益を狙ったトレードをすることが可能です。

たとえば、100万円分の取引をしたい場合に、100万円÷500倍=2000円 となり、2000円分の資金があれば100万円分の取引することが可能となります。

さらに、tradeview(トレードビュー)にはゼロカットシステムが採用されているので、高レバレッジでも損失リスクを抑えたトレードができます。

スワップ

tradeview(トレードビュー)のスワップポイントはどうなっているか。参考として、海外FX業者ごとに主要通貨のスワップポイントの表を作ってみました。

2021/10/29時点でのスワップ tradeview XM FXGT
買い 売り 買い 売り 買い 売り
USD/JPY -2.12 -4 -2.36 -3.9 -0.01 -3.25
EUR/USD -4.56 -0.2 -5.34 -1.04 -6.5 -1
EUR/JPY -3.92 -1.15 -5.18 -2.08 -4.26 -2.75

tradeview(トレードビュー)のスワップポイント(2021/10/29時点)はマイナスの数値になっていますが、数値自体は海外FXにおいて標準的であるため、tradeview(トレードビュー)のスワップは全く以て悪い数値とは言えません。

tradeview(トレードビュー)の口座開設方法を解説

tradeview(トレードビュー)の口座開設方法を解説します。

tradeview(トレードビュー)の口座開設はこちら

口座開設ページにアクセス

tradeview(トレードビュー)の口座開設ページにアクセスします。

取引プラットフォーム(口座タイプ)、通貨、個人情報の入力をします。

・「取引プラットフォーム」:「X leverage」「ILC」「cTrader」の3つのタイプから選択するのがおすすめです。
・「通貨」:基本的に「日本円」を選択しましょう。
・「出生地」「生年月日」「国籍」「国」「性別」を選択。
・「都道府県」「市町村区」「住所」「郵便番号」は画像例を参考に入力。
(例)〒123-4567 東京都新宿区歌舞伎町1-2-3 FXビル123号室
・「電話番号」「メールアドレス」の入力。

質問事項の回答

 

・「米国市民権」:該当するものを選択。
・「身分証明書」:「国」を選択し、「身分証明書(パスポート、運転免許証、マイナンバーカード)」「身分証明書番号」を入力(1点でも可能)。
・「職業」「年間所得」の入力。

総資産、収入源に関する情報の質問に回答します。

投資経験、その他の情報の質問に回答します。

本人確認書類の提出

tradeview(トレードビュー)では、本人確認書類(身分証明書と住所証明書類)の提出が求められます。「書類の種類」「発行国」を選択しましょう。

tradeview(トレードビュー)に提出できる身分証明書、住所証明書類の種類は以下のものです。

身分証明書
・パスポート(推奨) ・運転免許証 ・マイナンバーカード住所証明書類
・住民票 ・公共料金請求書 ・銀行/クレジットカードの明細 など
tradeview(トレードビュー)に本人確認書類を提出する際には、以下の注意点があります。
身分証明書の注意
・「顔写真」が記載され、有効期限内であること。
鮮明な画質で、書類の四隅が写っていること。住所証明書類の注意点
過去3か月以内に発行されていること。
・自身の名前現住所が記載されていること。
鮮明な画質で、書類の四隅が写っていること。
本人確認書類の画像をアップロードし、署名画面に署名すれば、tradeview(トレードビュー)の口座開設は完了となります。
tradeview(トレードビュー)に承認されるまで、気長に待ちましょう。
tradeview(トレードビュー)の口座開設をすると、取引プラットフォームのログイン情報(口座番号とパスワード)に関するメールが送られてきますが、その口座番号とパスワードは会員ページにログインするときにも利用するので必ず保管しておきましょう。

tradeview(トレードビュー)の入金・出金方法を解説

tradeview(トレードビュー)の入金・出金に関わるルールや、入金・出金方法の種類やその特徴などについて解説します。

tradeview(トレードビュー)の口座開設はこちら

tradeview(トレードビュー)の入金・出金ルール

tradeview(トレードビュー)には、入金・出金する際に把握しておくべきルールがあります。

入金・出金ルール
・tradeview(トレードビュー)の取引口座名義と同一名義のみで入金・出金が可能

・入金方法と出金方法の一致(入金した金額分は、入金方法と同一の方法で出金する必要あり)
最初にクレジットカードで入金した場合には、入金した金額分をクレジットカードで出金しなければなりません。残りの入金額以上の利益分は、国内銀行送金などを利用して出金することが可能です。

tradeview(トレードビュー)の入金方法

tradeview(トレードビュー)には、かなりの豊富な種類の入金方法が用意されています。その中から、代表的な入金方法の表を作成しました。

入金方法 最低入金額 入金手数料 反映時間
クレジットカード/デビットカード(GLOBAL E-TRADE COMPANY) VISA 1万円~ 無料 即時
Mastercard 1万円~ 無料 即時
JCB 1万円~ 無料 即時
オンラインウォレット Bitwallet 1万円~ 無料 即時
SticPay 1万円~ 無料 即時
国内銀行送金 1万円~ 無料 1時間以内

tradeview(トレードビュー)では全ての入金方法において、入金手数料が無料となっています。ただし、銀行や決済サービス会社側の手数料がかかる場合があります。

クレジットカード/デビットカードの入金

今回はクレジットカード/デビットカードでの入金について紹介します。

①会員ページにログイン

tradeview(トレードビュー)の会員ページにログインします。

ログインしたら、上部メニューから「入出金」をクリック。

②入金方法の選択

「決済サービス」にある「GLOBAL E-TRADE COMPANY」を選択します。「CREDIT CARD」を選択してしまうと、日本円に対応していないため為替手数料が発生します。

③必要事項の入力

必要事項の入力が求められるので、入力します。

「住所」の入力例
東京都新宿区歌舞伎町1-2-3 FXビル123号室 → 123, 1-2-3 kabuki-cho, Shinjuku-ku, Tokyo

④カード情報を入力

カード情報の入力をします。これで、クレジットカード/デビットカードでの入金は完了となります。

tradeview(トレードビュー)の出金方法

tradeview(トレードビュー)には、かなりの豊富な種類の出金方法が用意されています。その中から、代表的な出金方法の表を作成しました。

出金方法 最低出金額 出金手数料 反映時間
クレジットカード/デビットカード VISA なし 無料 数日~数ヶ月
Mastercard なし 無料 数日~数ヶ月
JCB なし 無料 数日~数ヶ月
オンラインウォレット Bitwallet 100円~ 100円~ 24時間以内
SticPay なし 無料 24時間以内
国内銀行送金 3500円~ 3500円~ 3~10営業日

tradeview(トレードビュー)では一部の出金方法に限り、出金手数料は無料となっています。また、銀行や決済サービス会社側の手数料がかかる場合があります。

クレジットカード/デビットカードの出金

今回はクレジットカード/デビットカードでの出金について紹介します。

①会員ページにログイン

ログインしたら、上部メニューから「入出金」をクリック。

②出金申請フォームの入力

各項目を入力し、「送信する」をクリック。これで、クレジットカード/デビットカードでの出金は完了となります。
残りの利益分は、国内銀行送金などを利用して出金しましょう。

tradeview(トレードビュー)のMT4/MT5ログイン方法

tradeview(トレードビュー)のMT4・MT5へのログイン方法について解説します。事前にログインIDとサーバーとパスワードについて把握しておきましょう。

MT4/MT5のログインIDとサーバーとパスワードは口座開設した時に届いたメールに記載されています。

スマホ版のMT4・MT5アプリがリリースされており、手軽に使用することが可能です。
取引プラットフォームのMT4・MT5はiOSであればApp Storeから、Androidの場合はGoogle Play ストアからインストールできます。

今回はスマホでのMT4・MT5ログイン方法を解説します。

MT4のログイン方法

MT4アプリのインストールが完了したらアプリを開き、右下の「設定」を選択し、「新規口座」に進み、「既存のアカウントにログイン」へ進みます。

入力欄に「tradeview」と入力し、該当するサーバーを選択してください。

サーバーの選択が完了したら、MT4ログインIDと口座パスワードを入力し、「サインイン」するとMT4口座へのログインが完了します。

MT5のログイン方法

MT5アプリのインストールが完了したらアプリを開き、右下の「設定」を選択し、「新規口座」に進みます。

入力欄に「tradeview」と入力し、該当するサーバーを選択してください。

サーバーの選択が完了したら、MT5ログインIDと口座パスワードを入力し、「サインイン」するとMT5口座へのログインが完了します。

tradeview(トレードビュー)の口座開設はこちら

tradeview(トレードビュー)の気になる質問Q&A

レバレッジ変更は可能?

tradeview(トレードビュー)では、レバレッジ変更することが可能です。
レバレッジ変更を希望する場合は、Tradeview(トレードビュー)の日本語サポートに( japanesesupport@tvmarkets.com )に連絡する必要があります。

なお、tradeview(トレードビュー)ではX leverage、ILC口座の初期レバレッジが100倍となっているので、レバレッジの倍率を上げたい方はサポートに問い合わせましょう。

日本語対応は充実している?

tradeview(トレードビュー)は、日本語サポートがしっかり充実しています。

tradeview(トレードビュー)の日本語サポートは丁寧に対応してくれるので、困ったことがあれば気軽に問い合わせてみましょう。

出金拒否はある?

tradeview(トレードビュー)で悪質な出金拒否されたという評判は今のところ見当たりません

tradeview(トレードビュー)では、しっかり出金処理が行われています。

tradeview(トレードビュー)で出金拒否された場合には、システムトラブルや、何らかの規約に抵触してしまった場合が考えられるので、すぐに日本語サポートに問い合わせてみましょう。

tradeview(トレードビュー)はICL口座がおすすめ

tradeview(トレードビュー)では、ICL口座でトレードするのが最もおすすめです。

tradeview(トレードビュー)のICL口座は取引手数料がかかるものの、他の海外FX業者と比較して安価(片道2.5ドル)に抑えられているかつ低スプレッドなので、実質手数料を考えるとX leverage口座よりお得であると言えます。

tradeview(トレードビュー)自体は中~上級者向けの海外FX業者ですが、トレード環境自体はトップクラスに整っています

tradeview(トレードビュー)の口座開設はこちら

投稿者プロフィール

kazu
■為替9年/仮想通貨5年目
■手法【メンタル×資金管理】と【損失を限りなく抑える】ことを重視したデイトレード中心。
■私のトレード手法を延べ数千人にコミュニティで無料コミュニティで伝えてます※おすすめ記事欄に記事有り
■リクルート→WEBマーケティング企業経営
■出演メディア:ラジオ日経(継続中)/日刊SPA/SPA主催の講演会など多数