Exnessの評判は?レバレッジ無制限の真相から入金・出金方法まで徹底解説!

  • 2021年9月9日
  • 2021年10月22日
  • 取引所

Exness(エクスネス)は、レバレッジ無制限かつ低スプレッドの海外FX業者です。
この記事では、Exness(エクスネス)の評判や特徴はもちろんのこと、口座開設・入金・出金からボーナス・レバレッジ・MT4とMT5でのログイン方法まで、わかりやすくご紹介しています。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

海外FX業者Exness(エクスネス)の評判は?基本情報を押さえよう。

Exness(エクスネス)の安全性&ライセンス情報

Exness(エクスネス)はNymstar Limited社によって運営されている、2008年に設立された老舗の海外FX業者です。
海外FX業者は危険だという口コミ・評判は、よく見かけます。

しかし、Exness(エクスネス)はセイシャル共和国の金融庁から金融ライセンス(番号:SD025)を取得しています。

さらに、Exness(エクスネス)のグループ会社はイギリス、キュラソー、南アフリカの金融ライセンスを取得しています。

金融ライセンスを取得するためには厳格な審査を乗り越える必要があるので、金融ライセンスがあるだけで信頼性が担保されていると見なせます。

Exness(エクスネス)は複数の金融ライセンスを取得していることから、十分に安全性が保障されている海外FX業者であると言えます。

Exness(エクスネス)に信託保全はある?

Exness(エクスネス)には信託保全はないのですが、分割管理が設けられています。

分割管理とは、顧客から預かっている資産を会社運営のための会社の資金とは分離された状態で管理する方式です。

Exness(エクスネス)がもしも倒産してしまっても、分割管理によって顧客は自分の資金を出金することができます

ロスカット水準・追証なし・ゼロカットシステム

Exness(エクスネス)は、ゼロカットシステムを採用しています。そのため、追証が発生することはありません。さらにロスカット水準は0%に設定されているので、証拠金ぎりぎりまで保ってトレードすることができます。

Exness(エクスネス)のロスカット水準0%は「ハイレバトレードで役に立つ」と評判があるので、ハイレバで挑戦したい人にはExness(エクスネス)の口座開設をすると良いでしょう。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

 

Exness(エクスネス)の取引銘柄

Exness(エクスネス)は、107種類の通貨ペア、81種類の株式指数、13種類の仮想通貨、12種類の貴金属・エネルギーの豊富な銘柄で取引可能です。主要銘柄だけでなく、マイナー銘柄にも興味があるトレーダーにおすすめです。

仮想通貨を取り扱っている海外FX業者はまだまだ少ないので、仮想通貨の取引にも挑戦したい人はExness(エクスネス)の口座開設をおすすめします。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

 

Exness(エクスネス)の取引プラットフォーム

Exness(エクスネス)は、どの口座でもMT4・MT5のプラットフォームを利用することができます。
プラットフォームにこだわりがあるトレーダーにとっては、ありがたいことであると言えます。

初心者の方でプラットフォームを決めるのに迷っていれば、利用者が多いMT4のプラットフォームでトレードするのが良いでしょう。

Exness(エクスネス)にはどんなボーナスがある?

Exness(エクスネス)は口座開設ボーナスや入金ボーナス等が実施されていません。

Exness(エクスネス)ではボーナスが実施されていませんが、裏を返せば、その分をスプレッドを狭くしたりとトレーダーに最適な取引環境と取引条件を提供するためにボーナスは実施していないと言えます。

実際にExness(エクスネス)の口コミや評判をサーチすると、「かなりトレードしやすい」と良い口コミや評判が多数あります。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

 

Exness(エクスネス)はこんなトレーダーにおすすめ。スキャルピング・両建ては可能?

Exness(エクスネス)でスキャルピング・両建ては可能?

Exness(エクスネス)では特別な取引制限がなく、自由にスキャルピング取引が可能です。

他の海外FX業者では取引に関する制限があることは珍しくないため、スキャルピング取引をしたい方でも、Exness(エクスネス)では安心して利用できます。

両建て取引に関しても、Exness(エクスネス)では制限されていません。両建てが可能な他の海外FX業者もありますが、ほとんどの場合は同一口座の両建てに限定しています。

しかし、Exness(エクスネス)は、複数口座間の両建て取引を認めている数少ないFX業者です。両建て取引をしたいトレーダーにとって、最適な海外FX業者と言えます。

Exness(エクスネス)をおすすめしたい人

Exness(エクスネス)はレバレッジ無制限なので、ハイレバレッジによる取引が可能です。

さらに、Exness(エクスネス)ではゼロカットシステムが採用されているので、ハイレバ×ゼロカットシステムを利用し少額から爆益を狙うことができます。

Exness(エクスネス)はスプレッドが狭く、スキャルピングのしやすさは評判です。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

 

Exness(エクスネス)の口座タイプは4種類!それぞれの評判・メリットを紹介。

Exness(エクスネス)には、「スタンダード口座」「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」の四種類の口座があります。

スタンダード口座 ロースプレッド口座 ゼロ口座 プロ口座
取引条件 最大レバレッジ 無制限(条件あり)もしくは2000倍
最小スプレッド 0.3~ 0.0~ 0.0~ 0.1~
最小注文数 0.01ロット(1000通貨)
取引手数料(片道) なし 最大3.5ドル 3.5ドル~ なし
取引方式 成行 即時
両建て 可能
資金管理 マージンコール 60% 30%
ロスカット水準 0%
ゼロカット あり
入出金 最低入学金 1ドル 1000ドル
入金手数料 無料
出金手数料 無料
ボーナス なし

スタンダード口座

Exness(エクスネス)の「スタンダード口座」は、一般的なスペックの取引口座になっています。
取引手数料はありませんが、他の3つに比べてスプレッドの幅が広く設定されています。

しかし、スタンダード口座でも十分すぎるスペックを発揮してくれるという評判は少なくありません。また、最低入金額は1ドルからなので、少ない資金からトレードをすることができます

「とりあえず、Exness(エクスネス)を始めてみたい」「低額からトレードしてみたい」という人やFX初心者に向いていると言えます。

ロースプレッド口座

Exness(エクスネス)の「ロースプレッド口座」は、スタンダード口座よりもスプレッドが狭く設定されています。

ロースプレッド口座では片道最大3.5ドル(注文時に3.5ドル、決済時に3.5ドル)の取引手数料が取られます。

しかし、スタンダード口座よりもトータルコスト(スプレッド+取引手数料)を抑えることができるので、Exness(エクスネス)に慣れてきた人、もしくは海外FX中~上級者はロースプレッド口座を開設してみても良いでしょう。

ゼロ口座

Exness(エクスネス)の「ゼロ口座」は、メジャーな通貨ペアやCFD商品において、スプレッドがほぼゼロという特徴をもつ口座です。

片道3.5ドル~の取引手数料がかかりますが、スプレッドがゼロになるように抑えられているので、実質「取引手数料=スプレッド」と言えます。

プロ口座

Exness(エクスネス)の「プロ口座」は、他の3つの口座と異なり、即時注文(Instant Execution)と呼ばれる取引方式を唯一採用しています(仮想通貨のみ、成行注文になります)。

他の口座が採用している成行注文は約定拒否が起こりにくくなっていますが、注文時の価格と値滑りすることがあります。

一方、プロ口座の即時注文は仕組み上、値滑りが起こりにくいのですが、まれに約定拒否されることもあります。

どちらの注文も一長一短があるので、即時注文を利用したトレードしたいという希望があるならプロ口座をおすすめします。

また、ロースプレッド口座やゼロ口座と違い、スタンダード口座と同様に取引手数料はかかりません。

 

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

Exness(エクスネス)のレバレッジ無制限って本当?

Exness(エクスネス)では、レバレッジの倍率を「無制限」に設定することが可能です。無制限の実質倍率は21億倍であるため、必要証拠金が0円で取引できる!と評判になっています。

また、一部の銘柄を除き、レバレッジ無制限(21億倍)でほとんどの銘柄を取引することができます。

しかし、レバレッジ無制限は誰でも使えるわけではありません。条件を満たした人にのみ、Exness(エクスネス)ではレバレッジ無制限が解放されます。

Exness(エクスネス)のレバレッジ解放条件

  • 取引回数が10回以上
  • 取引量が5ロット(50万通貨)

の二つの条件を満たすことで、レバレッジ無制限が解放されます。条件の開放は比較的緩いのですぐに達成できるでしょう。

Exness(エクスネス)のレバレッジ無制限には、トレードする際にも一つ条件があります。それは、口座残高が0ドル~999ドル以下になっていることです。

999ドルを超えた場合、レバレッジ無制限は使えなくなるので、レバレッジ無制限でトレードする際には口座残高に気をつけましょう。

Exness(エクスネス)はスプレッドの狭さが評判。

Exness(エクスネス)平均スプレッド スタンダード ロースプレッド ゼロ プロ
通貨 USDJPY 1.1 0.0 0.0 0.7
EURUSD 1.0 0.0 0.0 0.6
EURJPY 1.9 0.4 0.1 1.2
GBPUSD 1.2 0.1 0.0 0.7
ゴールド XAUUSD 30 11.3 2 18.8
原油 USOILm 8.6 4 1.9 5.4
仮想通貨 BTCUSD 778.7 334.35 334.35 486.7
ETHUSD 87.4 36.2 38.2 54.6
BTCJPY 981.85 435.9 402.9 613.65

Exness(エクスネス)では、口座タイプごとにスプレッドの幅が異なっています。

スタンダード口座は他の口座種類と比べ、最も平均スプレッドの幅が広くなっています。

ロースプレッド口座とゼロ口座は取引手数料がとられますが、平均スプレッドの幅がかなり抑えられており、銘柄によっては実質的な手数料が安くなるので、短期取引をするトレーダーにはおすすめです。

プロ口座もスタンダード口座に比べるとスプレッドの幅が狭いので、即時注文を利用しつつ低スプレッドで取引したい方にはおすすめです。

 

Exness(エクスネス)は他の海外FX業者と比較しても、スプレッドの幅が狭いと評判になっています。

Exness FXGT XM GEMFOREX
USDJPY 1.1 1.6 1.6 1.6
EURUSD 1.0 1.6 1.6 1.6
EURJPY 1.9 2.2 2.6 1.7
GBPUSD 1.2 1.8 2.3 2.2

表のExness(エクスネス)のスプレッドはスタンダード口座の数値です。

Exness(エクスネス)のスタンダード口座は他の口座タイプの中で最もスプレッドが広いと言いましたが、他の海外FX業者と比較すると、Exness(エクスネス)のスタンダード口座のスプレッドは狭いことが分かります。

Exness(エクスネス)のスタンダード口座でも、十分に低スプレッドで取引することが可能です。Exness(エクスネス)のスプレッドが評判になっているのがうなづけます。

Exness(エクスネス)の口座開設を徹底解説。

ここでは、Exness(エクスネス)の口座開設について解説します。

Exness(エクスネス)の口座開設方法

①公式サイトにアクセス

まずは、Exness(エクスネス)の公式サイトにアクセスします。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

Exness(エクスネス)の公式サイトの言語が別の言語で表記されている場合は、日本語表記に変更しましょう。

ページ右側の「新規口座」の入力欄を埋めましょう。

・「居住国/地域」は「Japan(日本)」を選択

・「メールアドレス」には、自身の有効なメールアドレスを入力

・「パスワード」には、8~15文字の英大文字・小文字・数字で構成されたものに設定

・チェック欄のクリック

入力内容を確認し、「続行」ボタンをクリックしてください。

②個人情報の入力

マイページが表示されるので、上部に表示されている「実際に取引する」ボタンをクリックしてください。

※①の後マイページから一旦離れた場合は、Exness(エクスネス)公式サイト右側ページの「サインイン」をクリックし、設定したメールアドレスとパスワードにログインすればマイページに入れます。

メールアドレスの認証

Exness(エクスネス)に登録したメールアドレスの認証をします。「コードを受信する」ボタンをクリックすると、登録したメールアドレスに確認コードが届きます。

 

「メールからの認証コード」に確認コードを入力し、「続行」ボタンをクリックしましょう。

 

 

 

電話番号の登録・認証

SMSが受信できる携帯電話の番号を入力してください(最初の「0」は外してください)。

 

すると、6桁の認証コードが記載されたSMSが送られてきます。SMSの発送から60秒以内に認証コードを「認証コード」に入力し、「続行」をクリックしてください。

個人情報の入力

自分の「名」、「姓(苗字)」、「生年月日」、「住所」をローマ字表記で入力しましょう。

後に提出する証明書類のものと一致している必要があるので注意してください。

 

英語で住所を書く場合は、以下のように従いましょう。

(例)東京都新宿区○○町1丁目2-3 アパート456 〒123-4567の場合
「456,1-2-3, ○○cho, Shinjuku-ku,  Tokyo, 123-4567, Japan」

「続行」ボタンをクリックし画面に「完了です!」と表示されたら、「認証を完了させる」ボタンをクリックしましょう。次の画面に進みます。

 

③本人確認

プロフィール登録

各項目を入力・選択してください。

 

終わったら、「続行」ボタンをクリックしましょう。

本人確認書類の認証

1、名前の確認

 

名前に誤りがないか確認し、「書類をアップロードする」ボタンをクリックしましょう。

2、本人確認書類

 

・発行国:「日本」を選択

・身分証明書の種類:「パスポート」「運転免許証」「国民IDカード」「永住許可」の中から選択

 

「ドキュメントの表側(裏側)をアップロードします」ボタンをクリックし、提出する本人確認書類が鮮明に写った画像を選択しましょう。選択したら「書類を送信」ボタンをクリックします。

④住居証明

過去6ヶ月以内に発行され、発行日が確認できる居住証明書を提出します。「居住証明書をアップロード」ボタンをクリックし、鮮明に写った居住証明書を選択しましょう。

 

終わったら、「書類を送信」ボタンをクリックします。

完了すると、「提出頂いた資料は検証中になります」という画面が表示されます。Exness側の承認を待ちましょう。

 

認証が成功すると、Exness(エクスネス)から承認された旨のメールが届きます。

Exness(エクスネス)の追加口座開設

Exness(エクスネス)では口座開設時に、自動的にいずれかの口座タイプとプラットフォームが決められた口座が作成されます。

そのため、自分の希望する口座タイプとプラットフォームがあれば、自分で追加口座を開設する必要があります。

①Exness(エクスネス)のマイページにログイン

 

登録したメールアドレスとパスワードを入力します。

②マイアカウントの「新規開設口座」ボタンをクリック

③口座種類の選択

好きな口座タイプの「本取引口座開設」をクリックしてください。

④口座の設定

口座タイプ:「本取引口座」を選択

プラットフォーム:「MT4」か「MT5」を選択。

最大レバレッジ:好きな倍率を選択

通貨:「JPY・日本円」を選択

口座ニックネーム:好きな名前に入力

口座パスワード:8~15文字の英大文字・小文字・数字で構成されたものに設定。

後ほど、MT4・MT5でログインする時に「口座パスワード」として必要になるので忘れないようにメモしてください。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

 

Exness(エクスネス)のMT4・MT5へのログイン方法

Exness(エクスネス)のMT4・MT5へのログイン方法について解説します。

まずは、Exness(エクスネス)のマイページに登録したメールアドレスとパスワードを入力し、ログインしましょう。

MT4でのログイン

①口座情報の確認

ログインしたいMT4口座を選択し、その口座の歯車ボタンをクリックし、口座情報を確認します。

 

「サーバー」と「MT4ログイン」のコードをメモします。

②MT4アプリインストール

スマホ版のMT4アプリがリリースされており、手軽に使用することが可能です。

取引プラットフォームのMT4はiOSであればApp Storeから、Androidの場合はGoogleプレイストアからインストールしましょう。

③アプリからExness(エクスネス)のMT4口座ログイン

MT4アプリのインストールが完了したら、右下の「設定」を選択し、「新規口座」に進み、「既存のアカウントにログイン」へ進みます。

入力欄にサーバー名の「Exness」を入力し、①で確認したサーバーを選択してください。

サーバーの選択が完了したら、「MT4ログイン」のコード(ログインID)と口座パスワードを入力し、「サインイン」するとMT4口座へのログインが完了します。

 

MT5でのログイン

①口座情報の確認

ログインしたいMT5口座を選択し、その口座の歯車ボタンをクリックし、口座情報を確認します。

 

「サーバー」と「MT5ログイン」のコードをメモします。

②MT5アプリインストール

スマホ版のMT5アプリがリリースされており、手軽に使用することが可能です。

取引プラットフォームのMT5はiOSであればApp Storeから、Androidの場合はGoogleプレイストアからインストールしましょう。

③アプリからExness(エクスネス)のMT5口座ログイン

MT5アプリのインストールが完了したら、右下の「設定」を選択し、「新規口座」に進みます。

 

入力欄にサーバー名の「Exness」を入力し、「Exness Technologies Ltd」を選択してください。

サーバーの選択が完了したら、①で確認したサーバーを選択し、「MT5ログイン」のコード(ログインID)と口座パスワードを入力し、「サインイン」するとMT5口座へのログインが完了します。

今回の筆者の場合は「Exness-Mt5Real5」なのでこちらを選択しています。

 

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

 

Exness(エクスネス)の入金方法。仮想通貨・国内銀行での入金も可能!

Exness(エクスネス)は、「クレジットカード/デビットカード」「Bitwallet」「SticPay」「Perfect Money」「Webmoney」「Tether (USDT OMNI)」「ビットコイン」「Offline bank transfer(国内銀行送金)」での入金が可能です。

入金方法 最低入金額 入金手数料 反映速度
クレジットカード/デビットカード 10ドル~ なし 即時反映
オンラインウォレット Bitwallet
SticPay
Perfect Money 50ドル~
Webmoney 10ドル
仮想通貨・暗号通貨 Tether (USDT OMNI) 最大72時間
ビットコイン あり
Offline bank transfer(国内銀行送金) なし 最大24時間

Exness(エクスネス)でのおすすめ入金方法は、最低入金額が低く、入金手数料なし、即時に口座に反映される「Bitwallet」です。

ただし、銀行や決済サービス会社の手数料がかかる場合があります。

Exness(エクスネス)の「Bitwallet」での入金方法

まずは、Exness(エクスネス)のマイページに登録したメールアドレスとパスワードを入力し、ログインしましょう。

Exness(エクスネス)のマイページにログインしたら、横の「入金」をクリック。

「Bitwallet」を選択します。

入金先の口座を選択、入金額を入力し、「続ける」をクリックします。

内容を確認し、「確定」をクリックします。

すると、Bitwalletのページに移動します。

「bitwalletにアカウントをお持ちの方」をクリックし、Bitwalletに登録してあるメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

決済内容を確認し、「決済する」をクリックすれば、入金処理の完了です。

Exness(エクスネス)の出金方法

Exness(エクスネス)は、「クレジットカード/デビットカード」「Bitwallet」「SticPay」「Perfect Money」「Webmoney」「Tether (USDT OMNI)」「ビットコイン」「Online bank transfer(国内銀行送金)」での出金が可能です。

出金方法 出金手数料 反映速度
クレジットカード/デビットカード なし 数日~数ヶ月
Bitwallet 即時反映
SticPay
Perfect Money
Webmoney
Tether (USDT OMNI 最大72時間
ビットコイン あり
Online bank transfer(国内銀行送金) なし 最大24時間

Exness(エクスネス)のおすすめ入金方法は、出金手数料なし、即時に口座に反映される「Bitwallet」です。ただし、銀行や決済サービス会社の手数料がかかる場合があります。

「クレジットカード/デビットカード」は、入金までは「Bitwallet」と大差ありませんが、出金の反映速度が遅くなります。

また、入金額までは「クレジットカード/デビットカード」で出金可能ですが、利益分は他の出金方法を利用して出金する必要があります。

早い出金を求めている人には「クレジットカード/デビットカード」の入出金は控えた方が良いでしょう。

Exness(エクスネス)の「Bitwallet」での出金方法

まずは、Exness(エクスネス)のマイページに登録したメールアドレスとパスワードを入力し、ログインしましょう。

 

Exness(エクスネス)のマイページにログインしたら、横の「出金」をクリック。

利用可能な方法から、「Bitwallet」を選択します。

出金したい口座と通貨(JPY)を選択、出金額を入力し、「続ける」をクリックします。

後は出金申請を進めて、出金処理完了です。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

 

Exness(エクスネス)についての質問Q&A

・Exness(エクスネス)に最低出金額はある?

Exness(エクスネス)では、出金方法ごとに最低出金額が決められています。

それぞれの最低出金額はマイページの出金に記載されているので確認した上で、自分の希望する出金方法で出金しましょう。

・Exness(エクスネス)で入金できない場合

Exness(エクスネス)で入金できない場合には「最低入金額を満たしているか」「入金方法は自身と同一名義のものなのか(他人のクレジットカード利用等の入金はできません)」などを確認しましょう。

Exness(エクスネス)のサポートは迅速で充実していると評判です。

入金できない原因が分からない場合には、日本語担当のサポートがExness(エクスネス)にはあるので問い合わせてみましょう。

・Exness(エクスネス)で国内銀行送金はできる?

Exness(エクスネス)では、新しく「国内銀行送金」が入金・出金方法に追加されました。
しかし、国内銀行送金が上手くいかないという口コミ・評判を時々見かけます。

Exness(エクスネス)のサポートにも問い合わせをしたところ、入金・出金可能にはなりましたが、新しく始まったばかりの決済方式のため、スムーズに処理がすすまないことがあるそうです。

Exness(エクスネス)で「国内銀行送金」による入金・出金が上手くいかない場合には、他の方法で入金・出金することをおすすめします。

・Exness(エクスネス)で取引できない場合は?

Exness(エクスネス)で取引できなくなった場合は、まずは以下の二つのポイントを確認しましょう。

①取引できないシンボルの可能性

Exness(エクスネス)のスタンダード口座の場合、取引ができる銘柄には「m」がついています。取引したい銘柄に「m」がついているかを確認しましょう。

 

②一定期間放置したアカウントのアーカイブ

Exness(エクスネス)の口座は一定期間運用されていないと、口座がアーカイブされてしまいます。

アーカイブされた場合、Exness(エクスネス)のマイページにログインし、マイアカウントの「アーカイブ済」をクリックし、「再有効化」することで再び口座が利用できます。

以上、2つのポイントを確認し該当するものがなければ、迅速に対応してくれると評判のあるExness(エクスネス)サポートに問い合わせてみましょう。

Exness(エクスネス)は、レバレッジ無制限で低スプレッドなのでトレードしやすい!

Exness(エクスネス)は、脅威のレバレッジ無制限(=21億倍)でトレードできる珍しい海外FX業者です。

平均スプレッドも狭く設定されており、銘柄も通貨、株式指数、仮想通貨、貴金属などバラエティに富んでいます。

Exness(エクスネス)のトレード環境の快適さは他の海外FX業者にも引けをとらないため、ぜひ口座開設することをおすすめします。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!