Exness(エクスネス)の評判|レバレッジ21億倍と低スプレッドを実現した話題のFX業者

Exness(エクスネス)は、レバレッジ無制限で取引できるとても珍しい海外FX業者です。

また、Exnessで扱っているいくつかの銘柄はスワップフリーで、低スプレッドに加え、ロスカット水準0%と他の海外FX業者に比べ圧倒的なスペックを誇っています。

この記事では、Exness(エクスネス)の評判や特徴はもちろんのこと、口座開設・入金・出金から、ボーナス・レバレッジ・MT4とMT5でのログイン方法まで、わかりやすくご紹介しています。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

EXNESSの入金方法解説

今回は、Exness(エクスネス)の入金方法について解説していきます。 Exness(エクスネス)では全部で8種類の入金方法があり、大きく分けると「クレジットカード/デビットカード」「オンラインウォレット」「仮想通貨・暗号通貨」「国内銀行[…]

EXNESSの出金方法解説

今回は、Exness(エクスネス)の出金方法について解説していきます。 Exness(エクスネス)では出金方法としてクレジットカード、銀行送金、オンラインウォレット、仮想通貨に対応しており、当記事ではそれぞれの出金方法を詳しく説明していき[…]

Exness(エクスネス)はどんな海外FX業者?

運営会社 Nymstar Limited
設立年 2008年
登録住所(英語表記) セーシェル共和国 9A CT House, 2nd floor, Providence, Mahe, Seychelles
取得ライセンス セーシェル金融サービス庁(FSA)
顧客資金管理 分別管理

Exness(エクスネス)はNymstar Limited社によって運営されている、2008年に設立された老舗の海外FX業者です。

海外FX業者は危険だという口コミ・評判は、よく見かけます。

しかし、Exness(エクスネス)はセーシェル共和国の金融庁から金融ライセンス(番号:SD025)を取得しています。

さらに、Exness(エクスネス)のグループ会社はイギリス、キュラソー、南アフリカの金融ライセンスを取得しています。

金融ライセンスを取得するためには厳格な審査を乗り越える必要があるので、金融ライセンスがあるだけで信頼性が担保されていると見なせます。

Exness(エクスネス)は複数の金融ライセンスを取得していることから、十分に安全性が保障されている海外FX業者であると言えます。

Exness(エクスネス)は顧客資金を分別管理

Exness(エクスネス)には顧客資金を分別管理しています。分別管理とは、会社運営資金と顧客資金を別々の銀行口座に分けて管理する方法です。

 

Exness(エクスネス)がもしも倒産してしまっても、分別管理によって顧客は自分の資金を出金することができます

レアル・マドリードの公式スポンサーを務めていた

 

引用:レアル・マドリード公式サイト

Exness(エクスネス)はプロサッカーチームとして有名なレアル・マドリードの公式スポンサーを2017年から2020年まで務めていたことで話題になりました。

スポンサーになると、広告効果は非常に大きいですが、悪い評判があれば一気に拡散され悪いイメージの会社になってしまいます。

そのためExness(エクスネス)はトレーダーに信頼されるように尽力しています。

Financial Commissionに加盟している

Exness(エクスネス)はFinancial Commissionという中立の立場の第三者委員会に加盟しています。

この組織はトレーダーの苦情やクレームなどを公平に検証し解決することを目的としています。

金融ライセンスだけでなくこうした第三者組織の組織があるのは、海外FX業者のなかでトップクラスに透明性が高いと言えます。

Exness(エクスネス)は金融庁から警告は受けている?

Exness(エクスネス)は現時点で日本の金融庁から無登録業者として警告を受けていません

しかし、海外FX業者の多くは金融庁から警告を受けたことがあるので、Exness(エクスネス)も今後金融庁から警告を受ける可能性があります。

もし、Exness(エクスネス)が金融庁から無登録業者として警告を受けたとしても、Exness(エクスネス)のサービスの質が落ちるというわけではないので問題ないでしょう。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

Exness(エクスネス)の評判・口コミ

Exness(エクスネス)の良い評判

Exness(エクスネス)の良い評判
・レバレッジ21億倍という規格外の倍率で取引できる
・ロスカット水準0%、ゼロカットシステム採用
・スプレッドが他社よりも狭い
・スワップフリーの銘柄がある
・通貨ペアの種類が豊富、仮想通貨取引も可能

・スキャルピングやEAなどの取引制限がない
・MT4、MT5を利用可能

・安心の日本語対応のサポート
レバレッジ21億倍という規格外の倍率で取引できる
Exness(エクスネス)は、条件付きではありますがレバレッジ無制限(21億倍)という規格外の倍率で取引することができます。
レバレッジ無制限というのは、実質証拠金ゼロで取引することができるということです。ただし、FX取引ではスプレッドという手数料が発生するため、入金しなくても取引できるというわけではありません。
レバレッジ無制限の取引所はExness(エクスネス)しかないためレバレッジ無制限で取引したい方はExnessしかありません。レバレッジの条件などは下記の「Exness(エクスネス)のレバレッジ・スワップ・銘柄情報」で詳しく解説しています。
ロスカット水準0%、ゼロカットシステム採用

Exness(エクスネス)は、ゼロカットシステムを採用しています。そのため、追証が発生することはありません。さらにロスカット水準は0%に設定されているので、証拠金ぎりぎりまで保ってトレードすることができます。

Exness(エクスネス)のロスカット水準0%は「ハイレバトレードで役に立つ」と評判があり、ハイレバで挑戦したい人にはExness(エクスネス)の口座開設をすると良いでしょう。

スプレッドが他社よりも狭い

Exness(エクスネス)は他の海外FX業者と比較しても、スプレッドの幅が狭いと評判になっています。

Exness FXGT XM GEMFOREX
USDJPY 1.1pips 1.6pips 1.6pips 1.6pips
EURUSD 1.0pips 1.6pips 1.6pips 1.6pips
スプレッドはFXトレードをする上で利益率を左右する重要な要素となるため、FX取引所を選ぶ上ではスプレッドが狭いほどトレーダーにとって有利なトレードができます。
スワップフリーの銘柄がある
Exness(エクスネス)では、仮想通貨、ゴールド、株式CFD、株価指数はスワップフリーとなっており、スワップポイントにとらわれないトレードが可能です。
特に、長期的にポジションを持ちたい人にとってマイナススワップが発生しないのはとても嬉しいことです。
また、取引履歴によっては「拡張スワップフリー」というサビすが優待特典として適応されることもあり、適応されるといくつかのFX通貨ペアをスワップフリーで取引することができます。
通貨ペアの種類が豊富、仮想通貨も取引可能
Exness(エクスネス)では、ドル円などのFX通貨ペアだけでなく、仮想通貨、貴金属、エネルギー、株式、株価指数など、全部で107種類の通貨ペアを取引することができます。

スキャルピングやEAなどの取引制限がない

Exness(エクスネス)では特別な取引制限がなく、自由にスキャルピングやEAでの取引が可能です。他の海外FX業者では取引に関する制限があることは珍しくないため、スキャルピング取引をしたい方でも、Exnessでは安心して利用できます。

両建て取引に関しても、Exness(エクスネス)では制限されていません。両建てが可能な他の海外FX業者もありますが、ほとんどの場合は同一口座の両建てに限定しています。

しかし、Exness(エクスネス)は、複数口座間の両建て取引を認めている数少ないFX業者です。両建て取引をしたいトレーダーにとって、最適な海外FX業者と言えます。

ストップレベルがゼロ

Exness(エクスネス)はすべての銘柄のストップレベルがゼロになっています。ストップレベルとは指値や逆指値などの予約注文をする時に現在のレートから最低限離れていなければいけない値幅のことです。

ストップレベルがゼロ=「指値・逆指値における注文時値幅が0でも注文できる」ということです。
「あとほんの少し価格が上がったら(下がったら)エントリーしよう」と思った時に、ストップレベルゼロは大いに役に立ちます。

海外FX業者の中ではストップレベルを設定している取引所が多いため、理想のポイントで指値注文を入れられずエントリーできなかった という状況は起きやすいので、ストップレベルがゼロというのは非常に優秀だと言えます。

MT4・MT5を利用可能

Exness(エクスネス)は、どの口座でもMT4・MT5のプラットフォームを利用することができます。
プラットフォームにこだわりがあるトレーダーにとっては、ありがたいことであると言えます。

初心者の方でプラットフォームを決めるのに迷っていれば、利用者が多いMT4のプラットフォームでトレードするのが良いでしょう。

安心の日本語対応のサポート
Exness(エクスネス)では24時間365日運営がサポートを行っています。また、海外取引所ではありますが国内同様の対応が可能なサポーターも常駐しているため安心して問い合わせることが可能です。

Exness(エクスネス)の悪い評判

Exness(エクスネス)の悪い評判
・レバレッジ制限がある
・スタンダード口座以外の最低入金額が高い
レバレッジ制限がある
業界最大級のレバレッジが売りのExness(エクスネス)ですが、Exnessでは口座残高に応じてレバレッジ制限があります。
しかし、少額で運用する人は、十分満足できる取引所なのでそれほどデメリットではありません。ただし大きな額で運用する人は注意が必要です。
また、経済指標や、土日祝日の前などはレバレッジが制限されます。レバレッジ制限については下記で詳しく説明しています。
スタンダード口座以外の最低入金額が高い
Exness(エクスネス)ではスタンダード口座の最低入金額は1000円ですが、それ以外のプロ口座などの口座タイプでは、最低入金額は10万円となっています。
しかし、スタンダード口座は機能の面で見て劣っているわけではないので心配ありません。

Exness(エクスネス)のレバレッジ・スワップ・銘柄情報

Exness(エクスネス)のレバレッジ・スワップ・銘柄情報についてまとめました。

Exness(エクスネス)のレバレッジ

Exness(エクスネス)では、レバレッジの倍率を「無制限」に設定することが可能です。無制限の実質倍率は21億倍であるため、必要証拠金が0円で取引できる!と評判になっています。

また、一部の銘柄を除き、レバレッジ無制限(21億倍)でほとんどの銘柄を取引することができます。

しかし、レバレッジ無制限は誰でも使えるわけではありません。条件を満たした人にのみ、Exness(エクスネス)ではレバレッジ無制限が解放されます。

Exness(エクスネス)のレバレッジ解放条件

  • 取引回数が10回以上
  • 取引量が5ロット(50万通貨)

の二つの条件を満たすことで、レバレッジ無制限が解放されます。条件の開放は比較的緩いのですぐに達成できるでしょう。

Exness(エクスネス)のレバレッジ無制限には、トレードする際にも一つ条件があります。それは、有効証拠金が0ドル~999ドル以下になっていることです。

999ドルを超えた場合、レバレッジ無制限は使えなくなるので、レバレッジ無制限でトレードする際には口座残高に気をつけましょう。

Exness(エクスネス)のレバレッジ制限について

Exness(エクスネス)では口座の有効証拠金に応じてレバレッジ制限があり、有効証拠金が高くなるとかけられるレバレッジは低くなっていきます。

有効証拠金とは口座残高と含み益を合計したものです。

Exness(エクスネス)の有効証拠金によるレバレッジ制限は以下の表の通りです。

有効証拠金 最大レバレッジ
$999未満 無制限or2000倍
$4999未満 2000倍
$5000〜$29,999 1000倍
$30000以上 500倍

例)口座残高が500ドルで、有効証拠金が800ドル1000ドルになった場合

口座残高500ドル+含み益300ドル=有効証拠金800ドル
→レバレッジ無制限適応

含み益が500ドルになると・・・
口座残高500ドル+含み益500ドル=有効証拠金1000ドル→レバレッジ2000倍適応

ただし、無制限のレバレッジ制限に関して、重要経済指標ニュースの発表や週末、祝日前のトレードなどでは、レバレッジが自動的に制限されます。

レバレッジ制限が適応される時間帯は以下の通りです。

レバレッジ制限が適応される時間帯
・重要な経済指標発表時
・土日、祝日の前の時間帯
・市場の休憩時間から30分以内(ゴールドのみ)
市場の休憩時間から30分以内とは
市場の休憩時間から30分以内に行われたすべてのゴールドの注文は市場の休憩後に起こりうる高いボラティリティからポジションを保護するため、Exness(エクスネス)ではレバレッジが1000倍に制限されます。
実際にゴールドでレバレッジ制限が制限される時間は以下の通りです。
・夏季期間中の20:29 〜20:59(日本時間 05:29〜05:59)
・冬季期間中の21:29 〜21:59(日本時間 06:29〜06:39)
夏季期間の開始は3月の第2日曜日から11月の第1日曜日までで、それ以降は冬季期間になります。
Exness(エクスネス)のスワップ情報

Exness(エクスネス)のスワップポイントはどうなっているか。参考として、海外FX業者ごとに主要通貨のスワップポイントの表を作ってみました。

2022/3/2時点での
スワップ
Exness(スタンダード口座) XM AXIORY
買い 売り 買い 売り 買い 売り
USDJPY -1.14 -5.38 -1.57 -4.77 -2.65 -3.47
EURUSD -4.18 -0.98 -5.77 -0.37 -4.73 -0.17
GBPUSD -0.35 -2.50 -3.32 -4.02 -2.97 -5.36
EURJPY -3.90 -0.87 -4.90 -2.20 -4.12 -0.16
XAUUSD(Gold) 0 0 -4.58 -0.65 -5.58 -1.82

Exness(エクスネス)のスワップポイント(2022/3/2時点)はマイナスの数値になっていますが、数値自体は海外FXにおいてはかなり低めです。長期的にポジションを持ちたい人にとってマイナススワップが発生が低いのはとても嬉しいことです。

また、仮想通貨、ゴールド、株式CFD、株価指数はスワップフリーとなっており、スワップポイントにとらわれないトレードが可能です。

拡張スワップフリーについて

Exness(エクスネス)取引履歴によっては「拡張スワップフリー」というサービスが優待特典として適応されることもあり、適応されるといくつかのFX通貨ペアをスワップフリーで取引することができます。
ただし、どうしたら拡張スワップフリーになるのかということはExnessで言及されていません。Exness(エクスネス)の拡張スワップフリーかどうかを確認する方法は以下の通りです。
拡張スワップフリーの確認方法

1,Exness(エクスネス)の会員ページにログイン

2,「設定」をクリック

3,「スタンダード」か「拡張」を確認
Exness(エクスネス)の銘柄情報
Exness(エクスネス)では、ドル円などのFX通貨ペアだけでなく、仮想通貨、貴金属、エネルギー、株式、株価指数など、全部で107種類の通貨ペアを取引することができます。
さらに、仮想通貨、ゴールド、株式CFD、株価指数はスワップフリーとなっており、スワップポイントにとらわれないトレードが可能です。

Exness(エクスネス)のFX・仮想通貨スプレッド一覧

スプレッドはFXトレードをする上で利益率を左右する重要な要素となるため、FX取引所を選ぶ上ではスプレッドを考慮してから決めるというユーザーはとても多くいます。Exness(エクスネス)のスプレッドは以下の通りです。

口座タイプ別のFXスプレッド

(2022/2/11 19:00時点公式サイトから引用)

口座タイプ スタンダード口座 ロースプレッド口座(別途手数料あり) ゼロ口座(別途手数料あり) プロ口座
USDJPY 1.1pips 0pips 0.0pips 0.7pips
EURUSD 1.0pips 0pips 0.0pips 0.6pips
GBPUSD 1.2pips 0.1pips 0.0pips 0.7pips
EURJPY 1.9pips 0.4pips 0.0pips 0.5pips
GBPJPY 2.0pips 0.4pips 0.0pips 1.3pips
AUDUSD 1.4pips 0.2pips 0.0pips 0.9pips
AUDJPY 2.1pips 0.5pips 0.2pips 1.3pips

Exness(エクスネス)は4種類の口座タイプがあり、それぞれでスプレッドが異なります。スプレッド面で最もオススメの口座タイプはプロ口座であり、ドル円のスプレッドは平均0.7pipsの水準です。

しかし、プロ口座の最低入金額は10万円なので、FX初心者が始めるには若干ハードルが高いと言えます。
スタンダード口座でも十分なスペックを発揮してくれるので、初心者や資金を十分に用意できない人はスタンダード口座を利用するのがおすすめです。

口座タイプ別の仮想通貨スプレッド

(2022/2/11 19:00時点公式サイトから引用)
口座タイプ スタンダード口座 ロースプレッド口座(別途手数料あり) ゼロ口座(別途手数料あり) プロ口座
BTCUSD 487.45pips 188.3pips 188.3pips 304.6pips
BTCJPY 630.95pips 257.9pips 223.4pips 394.3pips
ETHUSD 52.6pips 18.8pips 20.8 32.9pips

他の海外取引所とのFXスプレッド比較

(2022/2/14 19:00時点公式サイトから引用)

FX業者名 Exness(スタンダード口座) XM FXGT IS6
USDJPY 1.1pips 1.6pips 1.5pips 1.6pips
EURUSD 1.0pips 1.6pips 1.4pips 1.5pips
GBPUSD 1.2pips 2.3pips 1.6pips 2.4pips
EURJPY 1.9pips 2.6pips 2.1pips 2.3pips
XAUUSD(GOLD) 2.0pips 3.5pips 2.5pips
5.0pips

Exness(エクスネス)のスプレッドは海外取引所の中では突出してスプレッドが狭いです。

XAUUSD(GOLD)はスプレッドが他の海外FX業者よりも狭い上にスワップポイントがないため、長期的にポジションを持つ場合も他の海外FX業者よりも有利に取引することができます。

Exnessは、XMやGEMFOREXなどのように口座開設ボーナスや入金ボーナスなどのボーナスがない分スプレッドなどの取引コストがかなり低めになっています。

他の取引所との仮想通貨スプレッド比較

(2022/2/16 19:00時点公式サイトから引用)

FX業者名 Exness(スタンダード口座) FXGT(スタンダード口座) BYBIT
BTCUSD $48 $15 $60
ETHUSD $5.2 $1.5 $3.6
BTCJPY $63 $20 取り扱いなし

 

※ビットコイン=$50,000、5,000,000円で算出。

※イーサリアム=$3000、300000円で算出

Exness(エクスネス)の仮想通貨スプレッドは他の取引所と比べるとやや高めに設定されています。しかし、Exnessは仮想通貨をスワップフリーで取引できるため、長期で取引する場合は、むしろ有利に取引することができます。

FXGTではスプレッドが狭いですが4時間おきにマイナススワップポイントが発生するため長期的なトレードには向いていません。

スプレッドが固定の銘柄

Exness(エクスネス)では特定の銘柄でスプレッドが90%の時間で固定となっています。ただし、市場のボラティリティが高い時間ではスプレッドが変動します。

スプレッドが固定となっているのは以下の銘柄です。

EURUSD、XAUUSD、GBPUSD、USDJPY、GBPJPY、USDCAD、AUDUSD、USDCHF、EURJPY、EURGBP

Exness(エクスネス)のボーナス・キャンペーン情報

Exness(エクスネス)では口座開設ボーナスや入金ボーナス等が実施されていません。

Exness(エクスネス)ではボーナスが実施されていませんが、裏を返せば、その分をスプレッドを狭くしたり、取引手数料を低くするなど、トレーダーに最適な取引環境と取引条件を提供するためにボーナスは実施していないと言えます。

実際にExness(エクスネス)の口コミや評判をサーチすると、「スプレッドが狭い」「使いやすい」「トレードしやすい」などと、良い口コミや評判が多数あります。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

EXNESS(エクスネス)の入金方法解説

今回は、Exness(エクスネス)の入金方法について解説していきます。 Exness(エクスネス)では全部で8種類の入金方法があり、大きく分けると「クレジットカード/デビットカード」「オンラインウォレット」「仮想通貨・暗号通貨」「国内銀行[…]

EXNESSの出金方法解説

今回は、Exness(エクスネス)の出金方法について解説していきます。 Exness(エクスネス)では出金方法としてクレジットカード、銀行送金、オンラインウォレット、仮想通貨に対応しており、当記事ではそれぞれの出金方法を詳しく説明していき[…]

Exness(エクスネス)の口座タイプを紹介

Exness(エクスネス)には、「スタンダード口座」「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」の四種類の口座があります。

スタンダード口座 スタンダードセント ロースプレッド口座 ゼロ口座 プロ口座
取引条件 最大レバレッジ 無制限(条件あり)もしくは2000倍
最小スプレッド 0.3~ 0.3~ 0.0~ 0.0~ 0.1~
金融商品 外国為替、貴金属、仮想通貨、エネルギー、株式、インデックス 外国為替、貴金属 外国為替、貴金属、仮想通貨、エネルギー、株式、インデックス 外国為替、貴金属、仮想通貨、エネルギー、株式、インデックス 外国為替、貴金属、仮想通貨、エネルギー、株式、インデックス
最小注文数 0.01ロット(1000通貨) 0.01cent lot(10通貨) 0.01ロット(1000通貨) 0.01ロット(1000通貨) 0.01ロット(1000通貨)
取引手数料(片道) なし なし 最大3.5ドル 0.1ドル~ なし
注文約定タイプ 成行
即時
両建て 可能
資金管理 マージンコール 60% 60% 30%
ロスカット水準 0%
ゼロカット あり
入出金 最低入学金 10ドル 10ドル 1000ドル
入金手数料 無料
出金手数料 無料
ボーナス なし

スタンダード口座【★★★】

Exness(エクスネス)の「スタンダード口座」は、一般的なスペックの取引口座になっています。取引手数料はありませんが、他の3つに比べてスプレッドの幅が広く設定されていますが、他の海外FX業者と比べるとかなり狭いので心配ありません。

しかし、スタンダード口座でも十分すぎるスペックを発揮してくれるという評判は少なくありません。また、最低入金額は10ドルからなので、少ない資金からトレードをすることができます

「とりあえず、Exness(エクスネス)を始めてみたい」「低額からトレードしてみたい」という人やFX初心者に向いていると言えます。

スタンダードセント口座【★★】

Exness(エクスネス)の「スタンダードセント口座」はスプレッドやロスカットなどのスペックはほぼ同じで、1ロットのサイズが1000通貨となっていて、まだあまりFXに慣れていないFX初心者の人が作る口座としては最適な口座です。

ただし、外国為替と貴金属しか取引できないのが弱点です。

ロースプレッド口座【★★】

Exness(エクスネス)の「ロースプレッド口座」は、スタンダード口座よりもスプレッドが狭く設定されています。

ロースプレッド口座では片道最大3.5ドル(注文時に3.5ドル、決済時に3.5ドル)の取引手数料が取られます。

しかし、スタンダード口座よりもトータルコスト(スプレッド+取引手数料)を抑えることができるので、Exness(エクスネス)に慣れてきた人、もしくは海外FX中~上級者はロースプレッド口座を開設してみても良いでしょう。

ゼロ口座【★★】

Exness(エクスネス)の「ゼロ口座」は、メジャーな通貨ペアやCFD商品において、スプレッドがほぼゼロという特徴をもつ口座です。

片道0.1ドル~の取引手数料がかかりますが、スプレッドがゼロになるように抑えられているので、実質「取引手数料=スプレッド」と言えます。

プロ口座【★★】

Exness(エクスネス)の「プロ口座」は、他の3つの口座と異なり、即時注文(Instant Execution)と呼ばれる取引方式を唯一採用しています(仮想通貨のみ、成行注文になります)。

他の口座が採用している成行注文は約定拒否が起こりにくくなっていますが、注文時の価格と値滑りすることがあります。一方、プロ口座の即時注文は仕組み上、値滑りが起こりにくいのですが、まれに約定拒否されることもあります。

どちらの注文も一長一短があるので、即時注文を利用したトレードしたいという希望があるならプロ口座をおすすめします。また、ロースプレッド口座やゼロ口座と違い、スタンダード口座と同様に取引手数料はかかりません。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

EXNESS(エクスネス)の入金方法解説

今回は、Exness(エクスネス)の入金方法について解説していきます。 Exness(エクスネス)では全部で8種類の入金方法があり、大きく分けると「クレジットカード/デビットカード」「オンラインウォレット」「仮想通貨・暗号通貨」「国内銀行[…]

EXNESSの出金方法解説

今回は、Exness(エクスネス)の出金方法について解説していきます。 Exness(エクスネス)では出金方法としてクレジットカード、銀行送金、オンラインウォレット、仮想通貨に対応しており、当記事ではそれぞれの出金方法を詳しく説明していき[…]

Exness(エクスネス)の口座開設を徹底解説。

 

ここでは、Exness(エクスネス)の口座開設について解説します。

Exness(エクスネス)の口座開設方法

①公式サイトにアクセス

まずは、Exness(エクスネス)の公式サイトにアクセスします。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

Exness(エクスネス)の公式サイトの言語が別の言語で表記されている場合は、日本語表記に変更しましょう。

 

ページ右側の「新規口座」の入力欄を埋めましょう。

 

・「居住国/地域」は「Japan(日本)」を選択

・「メールアドレス」には、自身の有効なメールアドレスを入力

・「パスワード」には、8~15文字の英大文字・小文字・数字で構成されたものに設定

・チェック欄のクリック

入力内容を確認し、「続行」ボタンをクリックしてください。

②個人情報の入力

マイページが表示されるので、上部に表示されている「実際に取引する」ボタンをクリックしてください。

 

※①の後マイページから一旦離れた場合は、Exness(エクスネス)公式サイト右側ページの「サインイン」をクリックし、設定したメールアドレスとパスワードにログインすればマイページに入れます。

最初にExness(エクスネス)に登録したメールアドレスの認証をします。「コードを受信する」ボタンをクリックすると、登録したメールアドレスに確認コードが届きます。

 

「メールからの認証コード」に確認コードを入力し、「続行」ボタンをクリックしましょう。

 

次に電話番号の登録・認証をします。

SMSが受信できる携帯電話の番号を入力してください(最初の「0」は外してください)。

 

 

すると、6桁の認証コードが記載されたSMSが送られてきます。SMSの発送から60秒以内に認証コードを「認証コード」に入力し、「続行」をクリックしてください。

次に、個人情報の入力をしていきます

自分の「名」、「姓(苗字)」、「生年月日」、「住所」をローマ字表記で入力しましょう。

後に提出する証明書類のものと一致している必要があるので注意してください。

 

 

英語で住所を書く場合は、以下のように書きましょう。

(例)東京都新宿区○○町1丁目2-3 アパート456 〒123-4567の場合
「456,1-2-3, ○○cho, Shinjuku-ku,  Tokyo, 123-4567, Japan」

「続行」ボタンをクリックし画面に「完了です!」と表示されたら、「認証を完了させる」ボタンをクリックしましょう。次の画面に進みます。

 

③本人確認

プロフィール登録のために各項目を入力・選択してください。

 

終わったら、「続行」ボタンをクリックしましょう。

本人確認書類の認証が始まります。

 

名前に誤りがないか確認し、「書類をアップロードする」ボタンをクリックしましょう。

 

・発行国:「日本」を選択

・身分証明書の種類:「パスポート」「運転免許証」「国民IDカード」「永住許可」の中から選択

 

「ドキュメントの表側(裏側)をアップロードします」ボタンをクリックし、提出する本人確認書類が鮮明に写った画像を選択しましょう。
選択したら「書類を送信」ボタンをクリックします。

④住居証明

過去6ヶ月以内に発行され、発行日が確認できる居住証明書を提出します。「居住証明書をアップロード」ボタンをクリックし、鮮明に写った居住証明書を選択しましょう。

 

終わったら、「書類を送信」ボタンをクリックします。

完了すると、「提出頂いた資料は検証中になります」という画面が表示されます。Exness側の承認を待ちましょう。

 

認証が成功すると、Exness(エクスネス)から承認された旨のメールが届きます。

Exness(エクスネス)の追加口座開設

Exness(エクスネス)では口座開設時に、自動的にいずれかの口座タイプとプラットフォームが決められた口座が作成されます。

そのため、自分の希望する口座タイプとプラットフォームがあれば、自分で追加口座を開設する必要があります。

①Exness(エクスネス)のマイページにログイン

 

登録したメールアドレスとパスワードを入力します。

②マイアカウントの「新規開設口座」ボタンをクリック

 

③口座種類の選択

 

好きな口座タイプの「本取引口座開設」をクリックしてください。

④口座の設定

 

口座タイプ:「本取引口座」を選択

プラットフォーム:「MT4」か「MT5」を選択。

最大レバレッジ:好きな倍率を選択

通貨:「JPY・日本円」を選択

口座ニックネーム:好きな名前に入力

口座パスワード:8~15文字の英大文字・小文字・数字で構成されたものに設定。

後ほど、MT4・MT5でログインする時に「口座パスワード」として必要になるので忘れないようにメモしてください。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

Exness(エクスネス)の入金・出金方法を解説

Exness(エクスネス)の入金、出金方法について解説していきます。

Exness(エクスネス)の入金方法

Exness(エクスネス)は、「クレジットカード/デビットカード」「Bitwallet」「SticPay」「Perfect Money」「Webmoney」「Tether (USDT ERC20)」「ビットコイン」「Offline bank transfer(国内銀行送金)」での入金が可能です。

入金方法 最低入金額 入金手数料 反映速度
クレジットカード/デビットカード 10ドル~ なし 即時反映
オンラインウォレット Bitwallet
SticPay
Perfect Money 50ドル~
Webmoney 10ドル
仮想通貨・暗号通貨 Tether (USDT ERC20) 最大72時間
ビットコイン あり
Offline bank transfer(国内銀行送金) なし 最大24時間

Exness(エクスネス)でのおすすめ入金方法は、最低入金額が低く、入金手数料なし、即時に口座に反映される「Bitwallet」です。

ただし、銀行や決済サービス会社の手数料がかかる場合があります。

Exness(エクスネス)の詳しい入金方法は以下の記事で詳しく解説しています。

EXNESS(エクスネス)の入金方法解説

今回は、Exness(エクスネス)の入金方法について解説していきます。 Exness(エクスネス)では全部で8種類の入金方法があり、大きく分けると「クレジットカード/デビットカード」「オンラインウォレット」「仮想通貨・暗号通貨」「国内銀行[…]

Exness(エクスネス)の出金方法

Exness(エクスネス)は、「クレジットカード/デビットカード」「Bitwallet」「SticPay」「Perfect Money」「Webmoney」「Tether (USDT OMNI)」「ビットコイン」「Online bank transfer(国内銀行送金)」での出金が可能です。

出金方法 最低出金額 出金手数料 反映速度
クレジットカード/デビットカード なし なし 数日~数ヶ月
Bitwallet $1 即時反映
SticPay $1
Perfect Money $2
Webmoney $1
Tether (USDT OMNI) $100 最大72時間
ビットコイン $10
Online bank transfer(国内銀行送金) $205 最大24時間

Exness(エクスネス)のおすすめ出金方法は、出金手数料なし、即時に口座に反映される「Bitwallet」です。ただし、銀行や決済サービス会社の手数料がかかる場合があります。

「クレジットカード」は、入金までは「Bitwallet」と大差ありませんが、出金の反映速度が遅くなります。また、入金額までは「クレジットカード/デビットカード」で出金可能ですが、利益分は他の出金方法を利用して出金する必要があります。

迅速な出金の反映を求めている人には「クレジットカード/デビットカード」の入出金は控えた方が良いでしょう。

Exness(エクスネス)の出金について詳しく知りたい人は以下の記事で出金方法について詳しく解説しています。

EXNESSの出金方法解説

今回は、Exness(エクスネス)の出金方法について解説していきます。 Exness(エクスネス)では出金方法としてクレジットカード、銀行送金、オンラインウォレット、仮想通貨に対応しており、当記事ではそれぞれの出金方法を詳しく説明していき[…]

 

 

Exness(エクスネス)のMT4・MT5へのログイン方法

Exness(エクスネス)のMT4・MT5へのログイン方法について解説します。

まずは、Exness(エクスネス)のマイページに登録したメールアドレスとパスワードを入力し、ログインしましょう。

 

MT4でのログイン

①口座情報の確認

 

ログインしたいMT4口座を選択し、その口座の歯車ボタンをクリックし、口座情報を確認します。

 

「サーバー」と「MT4ログイン」のコードをメモします。

②MT4アプリインストール

スマホ版のMT4アプリがリリースされており、手軽に使用することが可能です。

取引プラットフォームのMT4はiOSであればApp Storeから、Androidの場合はGoogleプレイストアからインストールしましょう。

③アプリからExness(エクスネス)のMT4口座ログイン

MT4アプリのインストールが完了したら、右下の「設定」を選択し、「新規口座」に進み、「既存のアカウントにログイン」へ進みます。

 

入力欄にサーバー名の「Exness」を入力し、①で確認したサーバーを選択してください。

サーバーの選択が完了したら、「MT4ログイン」のコード(ログインID)と口座パスワードを入力し、「サインイン」するとMT4口座へのログインが完了します。

 

MT5でのログイン

①口座情報の確認

 

ログインしたいMT5口座を選択し、その口座の歯車ボタンをクリックし、口座情報を確認します。

 

「サーバー」と「MT5ログイン」のコードをメモします。

②MT5アプリインストール

スマホ版のMT5アプリがリリースされており、手軽に使用することが可能です。

取引プラットフォームのMT5はiOSであればApp Storeから、Androidの場合はGoogleプレイストアからインストールしましょう。

③アプリからExness(エクスネス)のMT5口座ログイン

MT5アプリのインストールが完了したら、右下の「設定」を選択し、「新規口座」に進みます。

 

入力欄にサーバー名の「Exness」を入力し、「Exness Technologies Ltd」を選択してください。

サーバーの選択が完了したら、①で確認したサーバーを選択し、「MT5ログイン」のコード(ログインID)と口座パスワードを入力し、「サインイン」するとMT5口座へのログインが完了します。

今回の筆者の場合は「Exness-Mt5Real5」なのでこちらを選択しています。

 

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

Exness(エクスネス)の質問Q&A|出金拒否の噂など

Exness(エクスネス)に最低出金額はある?

Exness(エクスネス)では、出金方法ごとに最低出金額が決められています。

 

それぞれの最低出金額はマイページの出金に記載されているので確認した上で、自分の希望する出金方法で出金しましょう。

Exness(エクスネス)で入金できない場合

Exness(エクスネス)で入金できない場合には「最低入金額を満たしているか」「入金方法は自身と同一名義のものなのか(他人のクレジットカード利用等の入金はできません)」などを確認しましょう。

Exness(エクスネス)のサポートは迅速で充実していると評判です。

入金できない原因が分からない場合には、日本語担当のサポートがExness(エクスネス)にはあるので問い合わせてみましょう。

Exness(エクスネス)で国内銀行送金はできる?

Exness(エクスネス)では、新しく「国内銀行送金」が入金・出金方法に追加されました。
しかし、国内銀行送金が上手くいかないという口コミ・評判を時々見かけます。

Exness(エクスネス)のサポートにも問い合わせをしたところ、入金・出金可能にはなりましたが、新しく始まったばかりの決済方式のため、スムーズに処理がすすまないことがあるそうです。

 

Exness(エクスネス)で「国内銀行送金」による入金・出金が上手くいかない場合には、他の方法で入金・出金することをおすすめします。

Exness(エクスネス)で取引できない場合は?

Exness(エクスネス)で取引できなくなった場合は、まずは以下の二つのポイントを確認しましょう。

①取引できないシンボルの可能性

Exness(エクスネス)のスタンダード口座の場合、取引ができる銘柄には「m」がついています。取引したい銘柄に「m」がついているかを確認しましょう。

 

②一定期間放置したアカウントのアーカイブ

Exness(エクスネス)の口座は一定期間運用されていないと、口座がアーカイブされてしまいます。

アーカイブされた場合、Exness(エクスネス)のマイページにログインし、マイアカウントの「アーカイブ済」をクリックし、「再有効化」することで再び口座が利用できます。

 

以上、2つのポイントを確認し該当するものがなければ、迅速に対応してくれると評判のあるExness(エクスネス)サポートに問い合わせてみましょう。

Exness(エクスネス)でスキャルピング・EAは可能?

Exness(エクスネス)では特別な取引制限がなく、スキャルピング取引、EAでの取引が可能です。他の海外FX業者では取引に関する制限があることは珍しくないため、スキャルピング取引をしたい方でも、Exnessでは安心して利用できます。

両建て取引に関しても、Exness(エクスネス)では制限されていません。両建てが可能な他の海外FX業者もありますが、ほとんどの場合は同一口座の両建てに限定しています。

しかし、Exness(エクスネス)は、複数口座間の両建て取引を認めている数少ないFX業者です。両建て取引をしたいトレーダーにとって、最適な海外FX業者と言えます。

出金拒否はある?

Exness(エクスネス)で悪質な出金拒否をされたという報告はありません。高額出金したという報告も多く存在しているので出金できないかもしれないといった心配はありません。

ただし、規約違反や正しい順序で出金していない場合は出金拒否される場合があるので気をつけましょう。

例えば、クレジットカードで入金した場合、まずはクレジットカードで出金しないと他の出金方法は使えません。

Exness(エクスネス)のまとめ

まとめ
・驚異のレバレッジ21億倍で取引できる
・スプレッド、スワップなどの取引コストが全体的に低い
・ゴールドと仮想通貨でのスワップフリーが優秀

Exness(エクスネス)は、脅威のレバレッジ無制限(=21億倍)でトレードできる珍しい海外FX業者です。平均スプレッドも狭く設定されており、銘柄も通貨、株式指数、仮想通貨、貴金属などバラエティに富んでいます。

スワップポイントもマイナススワップに関しては他の海外FX業者と比べると低く設定されているのもExnessが選ばれる理由だと言えます。

特に、ゴールドや仮想通貨はスワップフリーでポジションを何日もったとしてもスワップポイントを気にしなくいいため、仮想通貨とゴールドを長期的にポジションを持ちたい人にとっては、嬉しい海外FX業者です。

Exness(エクスネス)のトレード環境の快適さは他の海外FX業者にも引けをとらないため、ぜひ口座開設することをおすすめします。

Exness(エクスネス)の口座開設はこちら!

EXNESS(エクスネス)の入金方法解説

今回は、Exness(エクスネス)の入金方法について解説していきます。 Exness(エクスネス)では全部で8種類の入金方法があり、大きく分けると「クレジットカード/デビットカード」「オンラインウォレット」「仮想通貨・暗号通貨」「国内銀行[…]

EXNESSの出金方法解説

今回は、Exness(エクスネス)の出金方法について解説していきます。 Exness(エクスネス)では出金方法としてクレジットカード、銀行送金、オンラインウォレット、仮想通貨に対応しており、当記事ではそれぞれの出金方法を詳しく説明していき[…]

Exness(エクスネス)はこんな人におすすめ

Exnessはこんな人におすすめ
・FX初心者(1〜5万円程度の余裕資金があれば)
・取引コストが安い海外FX業者を探している人
・ゴールドや仮想通貨で長期的にポジションを持ちたい人
・FX中級者〜上級者
FX初心者(1〜5万円程度の余剰資金があれば)
Exness(エクスネス)では口座開設ボーナスがないため、Exnessで取引を開始するには必ず入金する必要があります。
その分Exnessはスプレッドや取引手数料などが割安のため、FX初心者の人でも有利にトレードできる取引所になっています。また、最大レバレッジが最初は2000倍までですが、それでも少額の資金で十分利益を出すこともできます。
具体的には1〜5万円程度の余裕資金があり、しっかりとリスク管理ができる人であれば、むしろExness(エクスネス)は取引コストが全体的に安いためFX初心者にもおすすめできます。
取引コストが安い海外FX業者を探している人
Exness(エクスネス)は、為替のスプレッドが他の海外FX業者と比べてかなり狭く設定されています。スプレッドの狭さを活かせば短時間で決済まで行うスキャルピング取引が他の取引所よりも有利に行うことができます。
また、長期的にポジションを持つ場合でもExnessではスワップフリーの銘柄がいくつかあり、マイナススワップが発生する銘柄でも、他の海外FX業者と比べると低く設定されているため、長期的にポジションを持つ場合でも有利になります。
レバレッジ無制限で取引できる上に取引コストが低いのは、海外FX業者の中でExness(エクスネス)は唯一無二だと言えます。
ゴールドや仮想通貨を長期的にポジションを持ちたい人
Exness(エクスネス)ではゴールドや仮想通貨、株式CFD、株価指数では、スワップポイントがゼロの代わりにスプレッドやや高めに設定されています。
しかし、エントリーからうまくトレンドに乗ることができ、半日から1日以上ポジションを持つことができれば、マイナススワップが発生する海外FX業者よりお得に取引できます。
FX中級者〜上級者
Exness(エクスネス)では、短期で取引が中心の人も、長期の取引が中心の人も、どちらも向いている取引所なのでFX中級者や上級者の人にとっては最高の取引所です。
レバレッジ無制限で取引できる取引所はExness以外にはないため、高いレバレッジでハイリターンを狙えます。有効証拠金999ドルを超えるとレバレッジが2000倍になりますが、それでも他の海外FX業者よりも高いレバレッジで取引できます。