トレード技術

リスクリワード・レシオとは?

今回はトレードをするうえで欠かせないリスクリワード・レシオ(以下RR)について説明いたします。
RRを意識してトレードしないと99%大負けしてしまいますので、絶対に読み込んでください。

トレードで利益を出すには?

皆さんが利益を出すためにやるべきことをイメージするときには、勝率を高めること。これをイメージすると思います。
しかし、これは正解ではないです。
どういうことか説明すると、
勝率70%で毎回10ドル幅の利益のトレードを7回継続しても、たった3度の30ドル幅の負けで、トータルで負けになりまし、勝率80%でコツコツ利益を刻んでも、たった一度の大負けで資産がマイナスになってしまう可能性があります。
これがいわゆる勝率高いけど、コツコツドカンする典型的なパターンです。

逆に言うと、勝率が50%を下回っていたとしても、損切を最小に抑え、損切り幅より大きな利益を目指していく手法であれば、トータルで勝てるということです。

初心者の方は勝率に注目しがちですが、それは誤りであり、トレードで長い間生き残るためには、RRがいいところでエントリーをする必要があるのです。

RRとは?

リスクリワードレシオ(RR)とは、利益幅と損切り幅のバランスを表す数値のことです。
具体的な数値の出し方は以下の通りです。

利益の平均÷損切の平均=RR

例えば、100回のトレードで70勝して70万円の利益が出て残り30回は負けてしまい、90万の損失が出たとします。
今回の場合、70回のトレードで70万円の利益のため、1トレード当たり、1万円の利益が出ていることになります。
また、30回のトレードで90万円負けているため、1トレード当たり、3万円の損失が出ていることになります。

RRは、利益の平均÷損切の平均のため、上記の結果を当てはめると
1÷3=0.333ということがわかります。

では、0.333というのはよいRRなのか。ということですが、
結論から言うと非常に悪いです。

RRの1トレードごとの求め方

RRとは基本的に複数回のトレードの平均値をとって出すものですが、1回のトレードごとに出すことができます。
例えば下図のようにここでロングを入れようとしていたと仮定します。

1回のトレード毎に出すRRは、
エントリー地点から利食い予定値までの幅(X)とエントリー地点から損切予定値までの幅(Y)との比となり、計算式はX÷Yです。
今回の場合は
91.92÷37.91=2.42と求められます。
つまり、今回のRR値は2.42となります。

RRが2.42だったことにより、今回のエントリー位置はあまり良くないことがわかります。このようにエントリー前にRR値を出すことによって、今からエントリーしようとしているところは最適なのかどうかを事前にわかることができ、無駄なエントリーが大幅に削減します。
毎回求めるのは、面倒な作業かもしれませんが、こういった地味な作業を重ねることで、自身のトレードの質が向上されていくので、必ず行ってください。

最適なRR値

一般的に言われている最適なRR値は3といわれてますが、私はそうだとは思いません。
より背を明確にし、ラインまで引き付けてエントリすることによりRR5-10を狙えます。
例:サポートラインタッチでロング、レジスタンスラインタッチでショートなど

ここで注意してもらいたいことは、ただ単にRRが高ければいいというわけではないです。
RRが良くても背がないところで適当にエントリーしていたら、負けてしまいます。
きちんとラインをきちんと引く練習をしてください。

自分でうまく機能するラインを引けないよ。という方は、line@に登録を、
もっと頻繁に詳しく知りたいという方はコミュニティ入会をオススメします。

コミュニティ詳細はこちら↓
コミュニティについて

line@はこちら
Add friend

ABOUT ME
kazu
■トレーダー/為替7年/仮想通貨3年 【手法×メンタル×資金管理】と【損失を限りなく抑える】ことを重視し、維持率高め×スイングトレード/裁量でのトレード手法を延べ数千人にコミュニティにて、伝えてます。/トラリピでの資産運用やFX考察はブログにて公開 ■リクルート→経営者 ■無料トレードコミュニティ運営者(おすすめ記事欄に記事有り) ■SPA!やその他メディアや講演会にも掲載(出演)の実績あり。