オススメ紹介

トレード環境について

はじめに

今回の記事は、この投稿をしたら何を使っているのか教えてほしいという要望が多くあったので、隙間時間を使い、記事化しました。
この環境でやることにより複数の時間足を一緒に見れたり、複数の取引所の板やチャートなどを見れるため初動に乗り遅れなくなったり、損切の判断が早くできます。
また、この記事は簡単に紹介するだけなので、見にくさを感じるかもしれませんが、ご了承ください。

デスク

まずはデスクから紹介します。
使っているデスクはこちらです。

お手頃価格の割にしっかりと作られており、また、机も広いため不便さを感じてないです。
デメリットとしてはL字デスクのため、場所を取ります。
一辺が1.6メートルのス正方形のペースがないと置けません。

モニター

モニターに関しては27インチを3つ、42.5インチを1つ使ってます。
42.5インチのモニターはでかいため、実質4台分の働きをしてくれてます。

モニターの大きさ(フレーム込み):縦39センチ、横64センチ

モニターの大きさ(フレーム込み):縦56センチ、横97センチ

27だと少し大きくて机に収まらないという方は、23.8インチを使ってもいいかもしれないです。

マウス&マウスパット

こだわりがない方はこの二つでよいかと思います。
マウスには戻る/進のボタンが付いているため業務効率化が進みます。

モニターアーム

最大27インチ×2台まで対応可能です。
スペースの有効活用できるため、非常に便利です。

キーボード

こちらの格安キーボードを使用しております。
半年以上使ってますが、不自由なく使えているため、こだわりがない人はこれで十分だと思います。

HDMIケーブルはとりあえずアマゾンで人気のある安いやつを買いました。
使ってみて特段不自由はしておりません。

以上になります。見てもらえばわかるように商品の質にこだわりがなく、不便なく使えればいいやって感じのスタイルです。
似たような考えの方の参考になれば、幸いです。
また、ただ、商品URLを貼っただけでもうしわけないです( ;∀;)
何を使ってるのか気になった人は参考にしてみてください。

ABOUT ME
kazu
■トレーダー/為替7年/仮想通貨3年 【手法×メンタル×資金管理】と【損失を限りなく抑える】ことを重視し、維持率高め×スイングトレード/裁量でのトレード手法を延べ数千人にコミュニティにて、伝えてます。/トラリピでの資産運用やFX考察はブログにて公開 ■リクルート→経営者 ■無料トレードコミュニティ運営者(おすすめ記事欄に記事有り) ■SPA!やその他メディアや講演会にも掲載(出演)の実績あり。